2007年10月15日

マラセチア菌について


今日はマロン&リクの成長日記でおなじみのマロリクママさんから
『マラセチアって何?』というコメントを頂いたので
マラセチアについて知ってることをupしてみます。
(マラセチアについて知ってる方、もし間違ってる所があれば
ご指摘頂ければ嬉しいです)

『マラセチア』という菌はかびの一種だそうです。
マラセチアは健康な動物の皮膚や粘膜にも寄生している常在菌で、
普段悪さをすることはありませんが
何かの原因(シャンプーで生乾きや湿気が多い状態など)で増殖すると

炎症や痒みの症状が出ます。

●耳では・・・
 長毛種や耳の垂れている犬の耳の中などでは増殖しやすいです。
 耳の中が臭かったり、耳掃除をしてもすぐに汚れが溜まるわんちゃんは
 この菌が増殖している可能性があります。
 耳掃除をこまめにすることでマラセチアの増殖を防ぐことが出来ます。
 うちでは、病院でもらったお薬で1回/月に耳掃除をしてます。
 正しい耳掃除をしないとかえって汚れが耳の奥に入ってしまうので注意です。


●皮膚などでは・・・
 手や足をよく舐めるワンちゃん
 赤茶色に変色していたら増殖しているかもしれません。
 舐めないことが一番いいと思いますが
 うちのさくらがひどかったのですが
 患部をバリカンで剃って塗り薬を病院でもらった事があります。
 でも、やっぱり舐めちゃいますよねあせあせ(飛び散る汗)
 舐めない様にエリザベスカラーを付けるよう指示があったのですが
 そこまではしませんでした。

もっと詳しく知りたい時は『マラセチア』で検索するといいですよ。 

ニックネーム おちよぼう at 14:16| Comment(6) | TrackBack(0) | ワンちゃんの病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする